スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[展開を予想する]…競馬新聞の見方6

 競馬新聞の見方…今回は「展開」の考え方。ここで言う[展開]は、競馬新聞の見方5[脚質]の応用編みたいなもんです。5で書いた以外に脚質と展開に重要なのが、枠順とスタートから第1コーナーまでの距離です。特に逃げ馬は。

 簡単に言うと「外枠の前に行く馬」はかなり損。内枠になった後ろから行く馬は、最内を走れるという利益の他に馬群に包まれるリスクを負い、外枠になった前に行く馬は、競馬のスタートが横並び一直線のため、内枠の逃げ馬よりも距離を損します。特に最初のコーナーまでの距離が短いレースの場合、外枠の逃げ馬はインに入るのが極端に難しくなります。

 内枠の後ろからいく馬は、乗り役に馬群をさばける腕と内が開く運が必要ですし、外枠の逃げ馬は、少しでも距離損をなくす為に早めに内に入りたいものです。レースの柵の事をラチと言いますが、競馬から生まれた用語(諸説あります)に「ラチがあかない」という言葉があり内側は簡単に開きません。トラックレースである以上、地面がぼっこぼこでもない限り、最短距離を走りたいのは当然ですよね。不利なく最短距離を走れるのは逃げ馬の特権です。


 脚質の応用として、注目している馬の周りに入った馬を絡め脚質を見ると展開が少し広がります。例として、3頭立て、上が進行方向で、|が内ラチとして図を作ってみました。◎が注目中の逃げ馬、□は馬、△は前にいく馬、▽は後ろからいく馬だと考えてください。

◎□□|←スタート前は横並びです。ここから上に向かってスタートします。外の逃げ馬は角までに最内をとりたいわけですが、横にいる2頭の脚質によって難度が変わります。
もし◎△△だったら ↑↑↑|←こんな感じになって内を取るのは難しいですよね。
          ◎△△|
もし◎▽▽だったら↑  |←こんな感じから ◎  |←こうなれば内に入るだけです。
         ◎▽▽|          ▽▽|
当たり前な話、走る物体を抜くには、それ以上の速度で走らないと抜けません。


 上とは逆に、最内の後ろから行く馬に注目すると、最内になった後ろから行く馬は基本3択を迫られます。距離損をとって直線不利のない外周りを選ぶか、距離得をとって前が開かない覚悟の内周りを行くか、最後の手段として思い切って差しを先行や追い込みにしたり等というように脚質を変える事です。また、同じように、注目している追い馬を◎、前にいく馬を△、後ろから行く馬を▽で書き□△◎|⇐こんな感じの並びでスタートしたとすると。
進行方向上にスタートした場合、
 △ |
□ ◎|←こんな感じに差がつく可能性がありますよね。その後、みんな内側に寄ってきて、
 △→|
▽→◎|

 △|←横に並ばれるとこうなり嫌ならスピードを上げて△の内を獲って内にいれないか、
▽◎| 逆に自分がスピードを落として置いて行かれるか、もしくは開くのを待つかです。
このレースのように全3頭なら確実に大丈夫ですが、実際のレースはもっと頭数が多い…

 という事で内すぎない追い馬、内の逃げ馬はちょっとラッキーだったりしますが(追いはあんまり外だとやっぱり距離損でアンラッキー)、ここでスタート時、最もやってはならない事に、内の逃げ馬の出遅れがあります。進行方向を上、逃げ馬を◎、その他の馬を〇で図にすると、出遅れた場合
 〇〇|←こうなる可能性が高いですよね。こうなると、逃げ馬はもうどうにもなりません。
 〇◎| もし出遅れが癖の逃げ馬がいた場合…そんなんおらんやろと言われそうですが、
     実際いました(笑)1997年のクラシック2冠馬サニーブライアンです。

【1997年二冠馬サニーブライアン】
 サニーブライアンは、大外18番から皐月賞と日本ダービーを逃げ切りました。大外得意とか言われたりしますが、逆です、内枠苦手な馬でした。その理由が、逃げ馬なのに出遅れ癖があったからです。競馬用語で出負けすると言いますが、内枠でレースをすると、包まれて力を発揮出来ない馬でした。

 しかしサニーが大外だと(◎がサニーブライアンです)→  〇〇|
スタート直後はこんな感じになります。        ◎  |
 この状態だと包まれない為、無理やりスピード上げれば外から先頭は奪えますよね。
まぁサニーは無理に先頭を奪っても勝てる能力があったからですが…
第64回東京優駿 日本ダービー」 1997年6月1日 8枠18番 鞍上 大西直宏

 スタート時では比較的に外の馬は出遅れが目立つ為際立っていませんが、スタートのいい内の馬と比べるとサニーブライアンがいいスタートでないのがよくわかります。後の稀代の逃げ馬サイレンススズカに並ぶまで約3秒は掛かっています。

 一番ごちゃつくスタート地点を予想できるか。楽に逃げ馬が先手を取れそうなのか、はたまた無理にスピードを上げる馬がいそうなのか。逃げ馬が数頭いても一頭だけ楽ができそうな逃げ馬がいれば、スローペースになる可能性もありますし、逆に逃げ馬が1頭だけでも、周りが先行馬だらけで外枠なら先手がとれず乱ペースになるかもしれません。難しい予想ですが、展開予想で馬券が当たった場合、また違った気持ちよさがあります♪
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

競馬に関する当ブログ内記事目次

競馬新聞の見方 競馬場へ行こう♪
北海道へ行こう♪
youtube動画集
 Ⅰ.後の名馬の新馬戦…
 Ⅱ.名馬名レース集…
 Ⅲ.JRA 過去CM…
珍名馬色々

インスタグラム♪予想はここで

2018馬券成績

カテゴリ

リンク

The 岡田修平
プロカメラマン岡田修平さんのブログ
いつか私もこんな写真が撮りたい♪

悪い見本
お弟子さんと紡ぐ語り合う競馬
率直と毒舌が響きわたります♪

馬事総論
メジャーからマイナー事まで
まとめ方が上手く見やすい競馬情報板♪

競馬SevenDays
膨大なデータ量が果てしない
学べる事の多いブログです♪

ラップギア☆ブログ
上がり3ハロンラップに重きを置いて
レースの特徴から真実を導く♪

ひとときの駿感
食べ歩きときどき競馬予想
洞察鋭い文章がなるほどと思わせます♪

当ブログは
相互リンク募集はしておりません。

リンクについて

検索フォーム

カウンター



馬券過去成績

2016戦績

2015戦績
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。