競馬動画色々 | 2015/07/27 23:00
◎ 日本の名牝と世界の名牝 [レース動画]

 Jappaneese! Supeeerstar!! 後にエピファネイアを産みました。
 2005年7月3日(日)ハリウッドパーク芝2000m  13番  GⅠを2勝

 向かい風を切り裂いて! 父娘で日本ダービーを制した馬です。
 2009年5月17日(日)東京芝1600m  3枠6番  GⅠを7勝

 名前の意味は「絶景」。レッドディザイアのライバル。
 2009年5月24日(日)東京芝2400m  4枠7番  GⅠを6勝

 男でも弾き飛ばし、並んだ相手は必ず競り落す貴婦人。
 2012年11月25日(日)東京芝2400m  8枠15番  GⅠを7勝

 内からすんごい脚! 世界を股に掛けて戦った元売れ残り。
 2010年11月14日(日)京都芝2200m  3枠6番  GⅠを6勝

 25戦生涯無敗の短距離女王。
 2012年5月12日(土)モーフェットビル芝1200m  1番  GⅠを15勝

 This!! Is!! Un!!Be!!lievable!!! 追い込み一手で20戦19連勝20連対、G1を13勝。
 2009年11月8日(日)サンタアニタパークオールウェザー2000m  6番  GⅠを13勝

 このレース20馬身差。ゼニヤッタを抑えて年度代表馬になった牝馬。
 2009年5月1日(金)チャーチルダウンズダート1800m  枠6番  GⅠを5勝

 凱旋門賞現在2連覇中。エルコンドルパサーを2着に退けたモンジューの孫娘。
 2013年10月6日(日)ロンシャン芝2400m  18番  GⅠを5勝
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


競馬動画色々 | 2015/07/12 23:27
◎ 後の名馬の新馬戦…【2000年〜2003年デビュー世代】

 どんな名馬も通る道、新馬戦の動画を集めてみました第3弾♪
2000年~2003年のデビュー世代まで。馬名ボタンクリックで動画が開きます。

2000年デビュー世代
 2000年12月2日(土) 阪神芝2000m  4枠4番  後にGⅠを1勝
 たった4戦しか出来なかった生涯で、その年のダービーを勝つジャングルポケット、NHKマイルとジャパンカップダートを勝つクロフネ、菊花賞と有馬記念を勝つマンハッタンカフェを相手に楽勝した実力に運を兼ね備えた名馬。健康も兼ね備えていたらどこまでいけたんでしょうね。

 2000年9月2日(土) 札幌1800m  6枠6番  後にGⅠを2勝
 王者テイエムオペラオーを撃破し3歳にしてジャパンカップを制した名馬。ちなみに彼の新馬戦は世にいくつかある「伝説の新馬戦」と呼ばれているレースのひとつです。出走馬全8頭が勝ちあがりました。

 2000年10月14日(土) 京都1600m  7枠7番  後にGⅠを2勝
 日本ダービーが外国産馬に開放された元年に来航した白いクロフネ。ダービーに敗れた後、秋は天皇賞を目指しましたが賞金面で外国産馬出走枠に漏れてしまいますが、馬体は仕上げられていた為、もったいないとダートに馬場を移す同週の武蔵野ステークスに出走し世界が変わりました。

2000年世代 マンハッタンカフェ、、テイエムオーシャン、レディパステル、ビリーヴなど映像なし。

2001年デビュー世代
 ノーリーズン、タニノギムレット、ファインモーション、アドマイヤドン、デュランダルなど映像なし

2002年デビュー世代
 2003年2月9日(日) 中山1600m  6枠10番  後にGⅠを3勝
 新馬戦から迫力満点の末脚。重賞では2~4着を繰り返していた彼ですが、2004年の秋G1シリーズで覚醒。ペリエ騎手を背に秋古馬三冠を達成しました。

 2002年11月10日(日) 京都1800m  8枠13番  後にGⅠを2勝
 オークス3代制覇していた母エアグルーヴに続いて4代制覇を目指しましたがスティルインラヴに阻まれクラシック2冠に秋華賞は2着。その借りはエリザベス女王杯2連覇達成で返しました。

2002年世代 ネオユニヴァース、ザッツザプレンティ、スティルインラヴなど映像なし。

2003年デビュー世代
 2003年11月16日(日) 京都芝1800m  8枠12番  後にGⅠを2勝
 2015年に息子のドゥラメンテに抜かれるまで日本ダービーのレコードを保持していた大王。非サンデー系では日本で最も勢いのある父となりました。

 2003年12月20日(土) 中山芝1600m  1枠2番  後にGⅠを2勝
 ダンスパートナーを姉に、ダンスインザダークを兄に持つクラシック候補として新馬戦に登場。そのプレッシャーを全く感じさせないこれぞ楽勝と言う新馬戦になりました。

 2003年10月18日(土) 京都芝1400m  4枠7番  後にGⅠを3勝
 出遅れ癖。馬房からは出ない。人は乗せない。乗られたら動かない、という絵に描いたようなワガママ娘。牝馬として宝塚記念を制する等実力は折り紙付き。オルフェーヴルとの仔が産まれたらしいですが、さてどんな仔に育つのやら(笑)

2003年世代 ハーツクライ、ダイワメジャー、コスモバルク、カンパニーなど映像なし。

番外編
 9月15日(日) ロンシャン芝2400m
 こういうレースがあって面白いとは思うけれど、賭けていたり、見せられたりするとかなりブーイングなかなり変わったフランスのレースです。距離は日本ダービーと同じ。だけど菊花賞より...ちなみに2014年にキズナが挑戦したニエル賞と同じレースです。2002年と今とでは、カタカナの振り方が今と違うだけ。
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


競馬動画色々 | 2015/07/05 00:35
◎ 後の名馬の新馬戦…【1995年〜1999年デビュー世代】

 どんな名馬も通る道、新馬戦の動画を集めてみました第2弾です。
1999年のデビュー世代までです☆馬名ボタンクリックで動画が開きます。

1995年デビュー世代
 1995年12月3日(日)阪神1600m芝 2枠2番 後にG1を1勝
 位置取りも凄いけど、直線ささりまくり(笑)武騎手が初めてダービーを意識したとか。

 1996年1月5日(日)京都1800芝 7枠12番 後にG1を1勝
 動画が新馬戦のみの動画ではありません。血統のインブリードがきつく副作用の逆体温症に悩まされた現役時代。3戦目でダービーに挑み、見事ダービー馬になりました。

同世代 バブルガムフェロー、エアグルーヴ、ビワハイジ、ファビラスラフインなど映像なし。

1996年デビュー世代
 1997年2月1日(土)京都1600芝 1枠1番 後にG1を1勝
 1枠1番に入ったのは最初と最期だけ…やっぱり仔が見たかったですねぇ…

 1996年11月30日(土)阪神1200ダ 4枠4番 後にG1を1勝
 ダイワスカーレットが出るまで、私の中の最強牝馬。
ダンスインザムードと新馬内容や生涯戦歴が似ていますね。

 1996年12月1日(土)阪神2000芝 6枠9番 後にG1を1勝
 全勝利は7回だけど、2着12回、3着8回、入着する事37回。相手なりに走るいまいち君だったのが、20回目のG1挑戦した引退レース香港ヴァーズで日本生産馬初の海外G1制覇を果たしGⅠ1勝馬ながら引退式が行われた愛されキャラ。
今年2015年に亡くなってしまいましたが、父サンデーサイレンスによく似た気性の荒さやささり癖と、末脚の切れ味を子供にも伝え、逸走オルフェーヴルや気分屋ゴールドシップの父として、今後日本の中心血統になっていくかもしれませんね。

同世代サニーブライアン、シルクジャスティス、メジロドーベル、シーキングザパールなど映像なし。

1997年デビュー世代
 1997年9月13日(土)中山1800m芝 8枠4番 後にG1を4勝
 朝日杯まで3戦3勝、3戦での2着との合計差14馬身差。
3歳以降は骨折と戦いながらグランプリ3連覇やスペシャルウィークとの名勝負とドラマある馬。
画像が結構悪い上に、上下左右の対比が悪い映像です。

 1997年11月29日(土) 阪神1600m芝 8枠14番 後にG1を4勝
スタートが上手く、騎手の言う事をよく聞く優等生という感じの新馬戦。
直線でムチを落とした武豊騎手をダービージョッキーにした馬です。

 1997年11月8日(土)東京1600ダ 6枠6番 後にG1を3勝
世界トップ200に日本馬で唯一ランクインした世界番付日本最強馬。
ランクを見るとレファランスポイントやスワーヴダンサーよりランク上だったりします。
凱旋門賞に狙いを絞った1年があっただけど、そのせいで日本ではいまひとつなじみがない感じ。
当時はグラスワンダーやスペシャルウィーク、テイエムオペラオーと日本で目立つ馬が多かったのもありますかね。

1998年デビュー世代
 1998年11月7日(土)京都1600m芝 6枠6番 後にG1を1勝
 直線すごい瞬発力で差し切っていますが、直線で内の馬を斜行し降着負け。
キストゥヘヴンやブルーメンブラットなんかを知ってると早世が惜しいですねぇ。

同世代 テイエムオペラオー、ナリタトップロードなど映像なし。

1999年デビュー世代 エアシャカール、アグネスフライト、アグネスデジタルなど映像なし。

番外編
 1998年10月4日(日)中山1800mダート 1枠1番 G1未出走。
 特に目立った現役時代ではなく、ある意味この未勝利戦だけが最も目立った舞台。少し映像が悪いです。
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


競馬動画色々 | 2015/04/24 22:33
◎ 後の名馬の新馬戦…【1990年〜1994年デビュー世代】

 どんな名馬も通る道、新馬戦の動画を集めてみました第1弾、の作り直しです(笑)
1990年~1994年のデビュー世代まで。馬名ボタンクリックで動画が開きます。

1990年デビュー世代 オグリキャップが有馬記念で有終の美を飾った年
 1990年12月1日(土)中京1800m芝 2枠2番 後にG1を4勝
 スタートで不利を受け、無駄に馬郡を割って結構危ないレース内容してます…が普通に楽勝
同世代 イソノルーブル、シスタートウショウなど映像なし。

1991年デビュー世代 メジロマックイーンがG1史上初1着入線馬18着降着処分を受けた年
 1991年9月7日(土)中京1000m芝 3枠3番 後にG1を3勝
 1000mレースでなかなかのスタート失敗。生涯唯一の追い込みミホノブルボンです。
同世代 ライスシャワー、ニシノフラワーなど映像なし。

1992年デビュー世代 ライスシャワーがミホノブルボンの三冠制覇を阻止した年
 1992年9月13日(日)阪神1600m芝 3枠4番 後にG1を3勝
 新馬から王道の4角先頭戦法。直前で引退となった幻の有馬記念では、私は兄が勝つと信じています。
同世代 ウイニングチケット、ナリタタイシンなど映像なし。

1993年デビュー世代 トウカイテイオーが1年振りに出走した有馬記念で復活勝利した年
 1993年8月29日(日)函館1200m芝 6枠6番 後にG1を5勝
 この頃からスタートセンスの良さを発揮。兄の活躍と自身の三冠達成。兄弟対決が幻に終わった有馬記念での勝利。怪我とスランプ。マヤノトップガンとの一騎打ち。ドラマある馬だっただけに早世が心残りですねぇ…

 1993年9月19日(日)中山1200mダート 3枠3番 後にG1を2勝
 芝G1の際の彼女を知っていると物足りないのはダート戦だからでしょうか。G1は2勝でも〇外の出走可能レースが少なかった時代に日本に来た事が最大の不運。クラシックはクロフネの代まで〇外出走権はなし。NHKマイル、秋華賞はレース自体がありませんでした。

1994年デビュー世代 サンデーサイレンス初仔世代
 フジキセキ、ジェニュイン、マヤノトップガン、ワンダーパヒュームなど主立った馬の映像なし

番外編
 1993年9月19日(日)中山2200m芝 7枠11番 第39回産経賞オールカマー
 新馬戦ではないですが、この時代の珍しいレース。第6Rでヒシアマゾンがデビューした、その日の同じ中山競馬場のメインがこれ。画像はあまりよくないですが1:48辺りの画面の引き具合は面白いです(笑)
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


競馬動画色々 | 2013/03/08 23:51
◎ JRA CM「競馬が教えてくれたこと。」



競馬が教えてくれたこと。


スタートは平等に与えられる。

一人で戦うのではない。

自分を信じよう。

プレッシャーを楽しもう。

生き方は選べる。

ゴールは選べる。


一瞬一瞬を全力で戦え。

その先に世界がある。

その先に自分がいる。


競馬が教えてくれたこと。


夢みることは、
戦いつづけることだ。



      なかなか勝てない馬がいるに続いて久々に見て、一人感動しているのもなんなのでご紹介(笑)
       2006年に流れていたJRAのCMです。
      この年はメイショウサムソンが2冠達成。ディープインパクトが凱旋門賞に挑戦しました。

       ちなみに高速で通り過ぎる「41秒」辺りは以下が何度か繰り返されています。
      上と同じかと思いきや若干違っていたりしますね。

逃げ切るか。

人生は、自分とのレースだ。

最後に差すか。

その先に自分がいる。

プレッシャーを楽しもう。

一瞬一瞬を全力で戦え。

その先に世界がある。

ゴールは選べる。

にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る




競馬に関する当ブログ内記事目次

競馬新聞の見方 競馬場へ行こう♪
北海道へ行こう♪
youtube動画集
 Ⅰ.後の名馬の新馬戦…
 Ⅱ.名馬名レース集…
 Ⅲ.JRA 過去CM…
珍名馬色々
カレンダー
05 | 2017 / 06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


2017馬券成績

2017戦績
my馬券の買い方と馬券信条 [15'/8/9]


カテゴリ


リンク

The 岡田修平
プロカメラマン岡田修平さんのブログ
いつか私もこんな写真が撮りたい♪

悪い見本
お弟子さんと紡ぐ語り合う競馬
率直と毒舌が響きわたります♪

馬事総論
メジャーからマイナー事まで
まとめ方が上手く見やすい競馬情報板♪

競馬SevenDays
膨大なデータ量が果てしない
学べる事の多いブログです♪

ラップギア☆ブログ
上がり3ハロンラップに重きを置いて
レースの特徴から真実を導く♪

ひとときの駿感
食べ歩きときどき競馬予想
洞察鋭い文章がなるほどと思わせます♪

当ブログは
相互リンク募集はしておりません。

リンクについて


検索フォーム


カウンター




馬券過去成績

2016戦績

2015戦績