◎ [収得賞金の話]…競馬新聞の見方9

 競馬新聞の見方…久々の今回は「収得賞金」の見方です。

 賞金って、その馬がレースでどれだけお金を稼いだか、これで終わってしまいがちですが競馬ではそれだけではなかったりします。競走馬の賞金には大きく分けて「総賞金」と「収得賞金」があり、「総賞金」(よく聞く本賞金は総賞金の一部です)はそのまま賞金の意味。競争馬が稼いだお金でここは馬主さんが気にすればいい項目で予想する方に知ってもらいたいのはタイトルにもありますが後者の「収得賞金」です

 この収得賞金。総賞金本賞金と並んで書かれる事が多く、多くの初心者の方が「賞金」という響きで読み飛ばしてしまいますが、収得賞金は日本円が関係しているわけではなく、こんなたとえ方は普通しませんがクラス分け制度のポイントにあたるもので、「賞金」という名前で単位が「万円」なだけで、その馬が所属するクラス(競争条件といいます。新馬、500万円以下、オープン等)を表します。その馬のローテーションを左右し、結論的に言うと、収得賞金からその馬が出走するレースに対する本気度をある程度読み取って予想の参考の一つに出来ます。

 この下では「賞金」は全てお金に関する事を言っているのではなくポイント(収得賞金)に関する事を言っていると思いながら読んでくださいませ。ちなみに賞金の事をポイントとか呼ぶのはこのブログだけの例えですので。


 競争馬のクラス分けには色々あります。ざっと言えば①新馬、②未勝利、③条件(500万円以下、1000万円以下、1600万円以下の3つに分かれます。レース名では「円以」が省略されて○歳500万下[500マンシタ]等というレース名になります)、④オープン(OPと書かれている事があります)の計4つで、オープンを最後に、基本的にはJRAのレースを一つ勝つとクラスが一つ上がる様に加算されます。ただ例外があり、重賞レースでは1着に加えて2着の馬も賞金が加算されます。

 全ての馬は競走馬として登録された際に「新馬」という0ポイントのクラスに所属し、一度負けると「未勝利」、まだ勝っていないという分け方をされます。新馬を勝った場合収得賞金に400万円が加算され、上で書いた③条件馬に格上げされます。獲得額が400万円なので、一つ勝った馬のクラスは条件馬の「500万円以下」というクラスになります。何度か勝利し見事獲得賞金1600万円を突破した馬がオープン馬というクラスになります。何度も言いますがお金の話じゃありません。

(重賞、特にG1での)除外と抽選
 今回はレース登録の際の除外の話。1つのレースに出走出来る最多頭数は18頭立てです(ちなみに最多頭数は競馬場やレースコースの危険度によって決められ小回りのコーナーがきつい様な所は最多12頭など色々あります)。(厳密には除外の優先順位にはかなり細かい規定があり、特に条件クラス以下は出走間隔が長い馬優先だとか、美浦栗東の所属が優先とか期間内に稼いだ賞金額が多いとかありますが、その様な第三第四の優先順位は省略します。)最多18頭立てのレースに20頭が出たいと申し出た場合、2頭を除外しなければレースが出来ません。クラス分け以外での収得賞金の主な使われ方がこの「除外」後述のトライアルを除いて収得賞金順位で除外対象が選ばれます。

 出たいレースに除外されるのはその対象馬にとってかなり痛手で、大体の場合、出走したい=勝ちたいなので、体調はいい状態という事が多く、そんな時に走れないと今後に影響を与えます。競走馬の調子は「波」に例えられる事が多く、調子が最高になったらしばらく下がる一方だったり、馬が仕上がっている場合に除外を受けたら別のレースに出走しておきたいですが、出走可能なレースがあるかどうかもわかりません。そんな中、最もクラスに神経質になる時期が2歳9月以降、3歳ダービー頃、3歳以上秋G1、4歳以上夏の函館開催頃の4回です。


2歳冬の例 2008年ブエナビスタ
 2歳G1ジュベナイルフィリーズ勝馬のブエナビスタは、10月にデビューし新馬戦で3着。11月に未勝利を勝ち、12月のG1阪神ジュベナイルフィリーズを勝利しています。
 競争条件のルールで、2歳デビュー戦の始まる2歳6月~9月までは、①0勝の新馬未勝利クラスと②1勝以上のオープンクラスの2段階しかありませんが、1勝馬が増えてくる2歳10月頃には2歳500万下のクラスが追加され3段階クラスになります。1勝馬だったオープン馬は500万下クラスに落ち、2勝以上もしくは重賞2着以上を1回以上した馬だけがオープン馬となります。2008年のジュベナイルフィリーズは18頭立て。この時の登録馬は29頭で、賞金順位でブエナビスタを含む17頭が1勝の賞金400万円で並んでいて6/17の抽選の結果ブエナビスタは出走が叶いました。ちなみに3着ミクロコスモスも1勝の抽選馬でした。
 ジュベナイルフィリーズの時ブエナビスタもミクロコスモスも賞金加算が必要な身の為、出来る限り仕上げられ実力通りの信頼を置ける状況だったと予想する事が出来ます。そして結果1着と3着。重賞で収得賞金が加算されるのは2着までなので、1着のブエナビスタはオープン馬。2着になれず賞金加算出来なかったミクロコスモスは500万下に留まる事になりました。
 G1を6勝したブエナビスタとは元々実力が違うと言ってしまえば仕方ないのかもしれませんが、休養を挟んで3月に桜花賞トライアル、4月に桜花賞、5月にオークスに出走する事になるブエナビスタに比べると、ミクロコスモスは同月12月に自己条件の500万下に出走し、G1を目指して2月3月にも出走したり等ローテーションに苦しみ、G1で掲示板に乗る力は見せながらも結局オープン馬で終わる事も出来ませんでした。
 

3歳秋の例 2014年トーホウジャッカル
 クラシック菊花賞勝ち馬トーホウジャッカルは、健康面の問題からデビューが遅れデビュー戦は3歳の5月31日。ブエナビスタの例で出した様に、この3歳6月頃はまたクラス改編時期で1000万下のクラスと1600万下のクラスが加わり、①未勝利②500万下③1000万下④1600万下⑤オープンの5段階クラスになります。つまりトーホウジャッカルが菊花賞に出走するには、ほぼ6月というデビューから10月の菊花賞までに4回勝たなければならない状況ですが、初勝利は7月12日。9月の時点で2勝の③1000万下クラスでした。9月28日に菊花賞優先出走権を目指してトライアル神戸新聞杯に1000万下クラスながら抽選覚悟の格上挑戦をし抽選を突破。レースでは不利を受けながらも見事3着し、賞金加算出来ずも菊花賞には出走できる事になりました。

 さてこの菊花賞でのトーホウジャッカルの予想での扱いは難しい所が色々あります。一つはトライアルで不利を受けながらほぼ勝った様な3着という実力を見せつけた事。他には健康面でデビュー遅れした馬がデビュー後一度も休みなく毎月走っている事などなどありましたが、神戸新聞杯で2着になれず1000万下クラスに留まった事で、2着以上にならないとまた自己条件の1000万下クラスを走らなければならずG1戦線から遠ざかる、やらなければならない状況がありました。ちなみに私はこの時トーホウジャッカルを買いませんでした、結果は言わずもがな…


 トライアルと言えばトライアルホースという様な呼ばれ方をする馬がいます。競馬を知らない人でも知られている三冠馬ナリタブライアンは菊花賞トライアルでは2着。牝馬三冠馬アパパネは馬券外の4着。アパパネに勝ったアニメイトバイオ、ナリタブライアンに勝ったスターマンは本番では三冠馬に敗れています。トライアルに勝てなくても出走できる馬は本番に勝てばいい。やらなければ本番に出られないという馬はトライアルで勝ってもそれ以上がなく本番で敗れるという図式はありがちです。


4歳夏前の降級
 最後にこれはちょっと例えになる馬が思い浮かばなかったんですが、4歳以上夏の函館開催頃にある競争条件のルールで、収得賞金が一律半分になるというものがあります。収得賞金900万円の馬は450万円になり、1000万下クラスから500万下クラスに。収得賞金3000万円でオープン馬だった馬は1500万円で1600万下クラスに降級します。これを受けてクラスが落ちた馬は降級馬[コウキュウバ]と言われ、初心者はよく高級馬?とお金の話に興味深々になりますが違います。

 なぜそんな事をと言われるとそのクラスで勝てなくなった馬の救済という事だと思います。勝ったら上のクラスになるんだから当たり前の話、下のクラスの方が馬が弱い事になります。1000万下で勝てなくなっていた馬が500万下のクラスになる事によってまた勝つ事が出来るかもしれないという措置。実際この夏頃の条件レースは降級馬がよく勝ちますので予想の参考に。

 降級馬はダービー以降に賞金が加算出来ずに3歳条件馬となってしまった馬が苦しむ要因でもあり、降って来た強い馬と苦しい戦いをしないといけない為、夏の条件から上がって来た3歳条件馬はクラスが安定した秋G1で結構強かったりします。最も降級の恩恵を受ける馬は収得賞金1700~2000万未満のオープン馬で半分になると850万~1000万未満とオープン馬から2階級落ちの1000万クラスにまで落ちる事になります。


まとめ
 500万円とか言っておきながらお金の話じゃないとかややこしい話でしたが、収得賞金の考え方がわかってもらえたでしょうか。加える必要のある事柄や省ける所があったら編集しておきます。もしわからない事、これは違うのではという所があったらお気軽にお尋ねください^^
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


◎ G1桜花賞データ

現在と同じ阪神外回りコースに変更された
2007年~2015年までの9年間分のデータ。

 基本情報  4月第2週日曜日辺り開催
阪神競馬場 芝 外1,600m 牝馬限定戦 
スタート位置 : 第2コーナー直後、1600ハロン棒付近
スタート後から最初のコーナーまでの距離 : 約400m

 枠についてのデータ 
 1着がある枠 6 , 7 , 8 , 9 , 10 , 15 , 18 の7種
(ちなみに2歳の同舞台G1ジュベナイルでは 1 , 2 , 8 , 11 , 13 , 15 , 16 , 18 の8種で8,15,18が被り)
 最も勝利数の多い枠が18番で(2,2,0,5)
複勝率高めは9, 15 ,18 の3枠。(ジュベナイルの複勝率高めは
9 , 10 , 11 18 の4枠で9 , 18が被り)

 3着もない枠 2 , 4 , 5  の3種。
今年は5が1番人気が予想されるメジャーエンブレム。
(ちなみにジュベは 5 , 12 , 14 , 17 の4種で5が被り。12と17は桜花賞も複勝率は1割と低い。
今年12には2番人気が予想されるシンハライト。)

 人気についてのデータ 
 勝利人気は5番人気までに集中していますが6番人気を飛ばして、
7番人気の成績がよく2007年カタマチボタンが3着。2013年アユサンが勝利。2015年クルミナルが2着。

カタマチは前走クイーンで1番人気2着。アユサンとクルミナルは前走チューリップで、
アユサンは5番人気3着、クルミナルは1番人気11着でした。

 騎手についてのデータ 姓のみ呼び捨てで書きます
 勝利数の多い騎手は岩田の2勝。後は蛯名、川田、小牧、クリスチャンデムーロが1勝。
入着しているのは池添、四位、内田、デムーロ、戸崎、福永、ルメール。特に福永は3着が3回で人気薄が2回。

 何度か乗っていて1度も馬券内に来ていない主な騎手は、(数字は騎乗回数)
武7、浜中6、幸5、北村宏5、藤岡佑5、松岡4、和田4、横山典4、吉田隼4などなど。

 馬体重についてのデータ 
馬券内は410~490まで。
今年はキャンディバローズが前走406キロ、メジャーエンブレムとジュエラーが前走498キロで範囲外。

 結果3ハロン順位についてのデータ 
 勝ち馬現在上がり3ハロン4番以内。目立つ馬券内は7番以内と地力優位。

 ステップレースについてのデータ %が二つ並ぶと左は勝率、右は複勝率
圧倒的に数が多いのはフィリーズレビュー組だけれど、圧倒的に強いのはチューリップ組。
メジャーエンブレムのクイーンカップ組は複勝率は高いけれど勝利はありません。
メインステップレース
 チューリップ賞 (7,3,5,21) 19.4% 41.7%
 フィリーズレビュー (1,0,1,48) 2% 4%
 クイーンカップ (0,3,1,12) 0% 25%
 フラワーカップ (0,1,1,11) 0% 15.4%
 アネモネ賞 (0,0,1,20) 0% 4.8%

その他
 ジュベナイルフィリーズから直行 (0,1,0,2) 0% 33.3%
 エルフィンステークス (1,1,0,2) 25% 50% 出走頭数少ないけれど良績
 ファルコンステークス (0,0,0,7)
 すみれステークス (0,0,0,2)
 アーリントンカップ (0,0,0,0) 2008年ポルトフィーノが出走取消
 函館2歳ステークス (0,0,0,1)
 すずらん賞 (0,0,0,1)
 ダートレース (0,0,0,2)
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


◎ G1有馬記念データ

2004年~2014年までの過去11年分のデータ
 基本情報  中山競馬場 芝 2,500m 混合戦 
スタート位置 : 第3コーナー途中
スタート後から最初のコーナーまでの距離 : スタート後200mほど(短い部類に入ります)


 枠についてのデータ  
 1着がある枠 1,3,4,6,9,10,13 の7種
複勝率高めは6番で7割。この6番には人気所ではオルフェーヴル、ディープインパクトが入っているけれど、
その他はトゥザワールドが9番人気2着。オーシャンブルーが10番人気2着、エアシェイディが11人気3着と荒らす枠でもあります。この枠には今年アルバートが入りました。

 3着もない枠 8,12,15,16
今年で言えば8ワンアンドオンリー、12リアファル、15ゴールドシップ、16マリアライトです。


 人気についてのデータ  
1番人気が群を抜いて強いレースで勝率54.5%、複勝率90.9%。
 1番人気で3着までに入れなかったのは2007年のメイショウサムソンただ一頭です。


 年齢についてのデータ  
勝利は3歳~5歳まで3歳が3勝、4歳5勝、5歳3勝でほぼ五分。
 ゴールドシップが6歳ですが6歳の勝利は0。複勝率は4.5%と散々ですが常識の通用しないゴールドシップのラストランはどうなりますでしょうか。これまで22頭の6歳馬が有馬記念に出走し3着が1回のみ。これも人気と同じ1番人気が消えた年2007年の際のダイワメジャーがただ一頭です。


 性別についてのデータ  
 牡馬 勝率 6.2% 複勝率 19.2%
 牝馬 勝率 12.5% 複勝率 31.3%
能力的に劣っても牡馬は出走しますが、牝馬は牡馬と戦えると見込まれた馬しか出てこない為こんな確率なんだと思います。


 騎手についてのデータ  姓のみ呼び捨てで書きます
 勝利数の多い騎手は池添の3勝だけれどこれは2勝がオルフェーヴルで1勝はその兄ドリームジャーニー。
後はルメール、武、デムーロ、蛯名、内田、戸崎が1勝。

3着内に入っているのは横山典、岩田、川田、スミヨン、ビュイック、福永、四位、ムーア。

 何度か乗っていて1度も馬券内に来ていない主な騎手は、(数字は騎乗回数)
柴田善8、北村宏4、田中3、三浦3、田辺3などなど。


 馬体重についてのデータ  
 低い所では420キロ台~重い所で530キロ台と幅広。なぜか450キロ台は13頭が出走も1度も3着なし。


 結果3ハロン順位についてのデータ  
 結果1着馬の上がりは1位~9位までほぼ連続していて、4位、7位のみ歯抜け。ただ3着内は4位も7位もあり、中山で開催されるレースとあって最後の直線だけでの勝負よりも立ち回りや中山適正の要求されるかなり特殊なレースです。


 ステップレースについてのデータ  %が二つ並ぶと左は勝率、右は複勝率
出走馬のほとんどが前走はジャパンカップでほとんど決まった所からしか出走してきません。
 ジャパンカップ (5,3,5,59) 6.9% 18.1%

 天皇賞秋 (3,0,2,8) 23.1% 38.5%
 菊花賞 (2,2,0,6) 20.0% 40.0%
 エリ女 (0,2,0,7)0% 22.2%
 マイルCS (0,0,2,1)0% 66.7%

 金鯱賞 (0,2,0,8) 0% 20.0%
 ステイヤーズステークス (0,0,0,11)
ステイヤーズステークスは有馬記念と最も相性が悪いと言えそうな成績ですが、2004年ダイタクバートラムが5番人気4着。2005年デルタブルースが3番人気11着。2009年フォゲッタブルが4番人気4着とおしいところまでは行っているけれど馬券内には入れていません。
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


◎ G1阪神ジュベナイルフィリーズデータ

現在と同じ阪神外回りコースに変更された2006年~2014年までの9年間分のデータ。
 基本情報  阪神競馬場 芝 外1,600m 牝馬限定戦 
スタート位置 : 第2コーナー直後、1600ハロン棒付近
スタート後から最初のコーナーまでの距離 : 約400m

 枠についてのデータ 
 1着がある枠 1 , 2 , 8 , 11 , 13 , 15 , 16 , 18 の8種
最も勝利数の多い枠が13番で(2,0,0,7)。複勝率高めは9 , 10 , 11 18 の4枠でそれぞれ約3割。

 3着もない枠 5 , 12 , 14 , 17 18 の4種(18はミス。17が正しい)

 人気についてのデータ 
 勝利人気は5番人気までで複勝率共に6番人気以下は余り出番のない人気馬中心レース。
ただなぜか5番人気から飛んで急に8番人気の複勝率が高く(0,2,2,5)で44.4%もあります。
6番人気までで馬券内に入ったのは、2007年8番人気のレーヴダムールが2着(前走京都新馬16001着)、
2009年ベストクルーズ6番人気(ファンタジー2着)、2010年ライステラス8番人気3着(京王杯4着)、
2011年アイムユアーズ8番人気2着(ファンタジー1着)、
2012年クロフネサプライズ15番人気2着(りんどう1着)、同年レッドセシリア10番人気3着(東京新馬16001着)、
2013年フォーエバーモア8番人気3着(サフラン1着)の7頭のみ。

 前走勝ちなのに人気薄が穴候補。ファンタジー組なら1、2着。牡馬混合重賞なら掲示板内とかでしょうか。

 騎手についてのデータ 姓のみ呼び捨てで書きます
 勝利数の多い騎手は福永、蛯名の2勝。後は池添、四位、秋山、戸崎が1勝。
入着しているのは武、川田、浜中、藤岡佑、内田、デムーロ、小牧、横山典、三浦、鮫島良。

 何度か乗っていて1度も馬券内に来ていない主な騎手は、(数字は騎乗回数)
和田6、幸6、岩田5、酒井4、北村宏3、武幸3などなど。

 馬体重についてのデータ 
 牝馬2歳という事もあってか勝利圏が410キロ台が2勝している他は、
440~490までと他G1と比べて軽く範囲が狭いです。

 結果3ハロン順位についてのデータ  ※ここが特徴的※
 明らかに目立つのは上がり3ハロン3位までの馬で、
9年間で3着までの馬は単純計算27頭いますが内19頭が3位以内、1着は全て上がり3ハロン3位以内と地力優先。


 ステップレースについてのデータ %が二つ並ぶと左は勝率、右は複勝率
データとして数が揃っているのはファンタジーとぎりぎりアルテミスくらいなので参考にならないかも。
ファンタジーステークス組が毎年最多出場ではあるものの勝利は2012年のローブティサージュ1回のみ。
 ファンタジーステークス (1,3,2,37) 2.3% 14%
 アルテミスステークス (0,1,1,9) 0% 18.2%

かなり相性の悪いステップが中1週の白菊賞で (0,0,0,11) 全馬が8着以下
 白菊賞を勝ってきた馬で人気を背負った馬は、2011年白菊賞1着ラシンティランテが3番人気15着。
2013年白菊1着だったレーヴデトワールが3番人気で9着。
その他1着馬2頭を含めて、全馬が結果8着以下で平均着順11.6着と散々な成績。

 黄菊賞 (2,0,0,4) 33.3% 33.3%
 赤松賞 (1,1,0,5) 14.3% 28.6%
 りんどう賞 (0,1,0,2) 0 33.3%
 新潟2歳 (0,1,0,1) 0 50%
 秋明菊賞 (0,0,0,2)

今年が初出走
 京都500万下1200m ジェントルハート
 函館2歳 メジャータイフーン
 兵庫JGP マシェリガール
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


◎ ジャパンカップデータ

 基本情報  東京競馬場 芝 2,400m 混合戦 
 スタート位置 : スタンド前4と2のハロン棒の間辺り
 スタート後から最初のコーナーまでの距離 : 300m程

検証年2004年から2014年までの計11年間分
 枠についてのデータ 
 1着がある枠 : 2 4 5 6 7 9 14 15 16 の9種
最も勝利数の多い枠が4番(2,0,1,18)と16番で(2,2,0,6)。

 3着もない枠 : 11 12 18 の3種
 今年はこの枠にスタートの悪いミッキークイーンが奇数枠11番に。
牝馬癖が悪い(と言われている)ゴールドシップが12番に入りました。

 人気についてのデータ 
 データだけなら勝率41.7%複勝率75.0%で1番人気がもの凄く強い。穴1着は2008年スクリーンヒーローが9番人気1着だった以外は勝利は5番人気まで。2着も7番人気までと人気馬上位のレース。
3着には2013年11番人気トーセンジョーダン、2011年14番人気ジャガーメイルが入ったりしています。

 年齢についてのデータ 
 3歳から5歳に勝ち馬複勝圏共に集中。
3歳が勝率5.6%複勝率25.0%
4歳が勝率12.5%複勝率25.0%
5歳が勝率6.0%複勝率18.0%
6歳以上で馬券になった馬は2007年ポップロック6歳で2着。
2011年ジャガーメイル7歳3着、2013年トーセンジョーダン7歳3着の3頭のみ。

 性別についてのデータ 
 牡馬勝率5.2%複勝率16.3%
 牝馬勝率14.3%複勝率38.1% と牝馬有利に見えますが牡馬の参戦が135頭に対して牝馬は21頭で、牝馬の中にはジェンティルドンナ、ウオッカ、ブエナビスタがいてあまり当てになりそうにありません。

 騎手についてのデータ  今年出走予定の中から姓呼び捨てで書きます
 勝っている騎手で言えば日本人は武、岩田のみ。後はルメール、デムーロ、スミヨン、ムーアと他より外国人騎手が目立ちます。
逆に何度も乗っていて3着もない主な騎手は4人。横山典、蛯名、戸崎、川田

 馬体重についてのデータ 
 430~520キロまでが過去3着内あり。
多分どの馬も範囲内に収まりそうです。

 結果3ハロン順位のデータ 
 結果上がり3ハロンは1着馬は1位~4位に固まり飛んで6位までしか記録がなく完全に地力勝負。

 ステップレースのデータ %が二つ並ぶ所は左が勝率、右が複勝率
 最も出走が多い天皇賞秋組は成績もよくほとんどの複勝圏内は天皇賞秋から出ています。
 天皇賞秋 (7,5,7,49) 10.3% 27.9%
前走海外(日本馬含む) (2,1,2,49) 3.7% 9.3%
海外馬で複勝圏に来た馬は2005年アルカセット1着、2006年ウィジャボード3着の2頭のみ。

他はどれも出走自体が少なくなかなかデータになる数値がありません。
菊花賞 (0,3,1,13) 0% 23.5%
秋華賞 (1,0,1,1) 33.3% 66.7%
エリ女 (0,1,0,5) 0% 16.7%
アルゼンチン共和国杯 (1,0,0,11) 8.3% 8.3% ※今回不出走

京都大賞典 (0,0,0,8) 0% 0%
札幌記念 (0,0,0,0) 0% 0% 今回ヒットザターゲットが過去11年では初。
条件戦 (0,0,0,1) 0% 0% 2013年ファイヤーが晩秋ステークス(ダート戦)勝利後に出走したのみ。

にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る




競馬に関する当ブログ内記事目次

競馬新聞の見方 競馬場へ行こう♪
北海道へ行こう♪
youtube動画集
 Ⅰ.後の名馬の新馬戦…
 Ⅱ.名馬名レース集…
 Ⅲ.JRA 過去CM…
珍名馬色々
カレンダー
09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


2017馬券成績

2017戦績
my馬券の買い方と馬券信条 [15'/8/9]


カテゴリ


リンク

The 岡田修平
プロカメラマン岡田修平さんのブログ
いつか私もこんな写真が撮りたい♪

悪い見本
お弟子さんと紡ぐ語り合う競馬
率直と毒舌が響きわたります♪

馬事総論
メジャーからマイナー事まで
まとめ方が上手く見やすい競馬情報板♪

競馬SevenDays
膨大なデータ量が果てしない
学べる事の多いブログです♪

ラップギア☆ブログ
上がり3ハロンラップに重きを置いて
レースの特徴から真実を導く♪

ひとときの駿感
食べ歩きときどき競馬予想
洞察鋭い文章がなるほどと思わせます♪

当ブログは
相互リンク募集はしておりません。

リンクについて


検索フォーム


カウンター




馬券過去成績

2016戦績

2015戦績