スポンサー広告 | --/--/-- --:--
◎ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
                                          ▲上に戻る


予想レース回顧 | 2017/12/19 23:23
◎ 朝日杯フューチュリティステークス2017回顧

的中… 的中なし惨敗
 勝ちタイム 1:33.3 良馬場 4F 46.1 - 3F 34.0
ラップタイム  12.6 - 10.8 - 11.8 - 12.0 - 12.1 - 11.3 - 11.0 - 11.7

 前を獲りにいったケイティクレバーがいいスタートではなかった為に入りが12.6と遅めで、クレバーが一気に先頭に抜けた2ハロン目から10.8。後は12秒超えのペースが2回だけど馬郡としては3ハロン目からそのくらいの、マイルとしては平均ペースで2歳としては少し早め。4コーナーでの進出がほとんどなく瞬発力寄りの内容で2着以下は展開次第で着順が入れ替わる。今年はホープフルが新しくまだ残っていますが、よっぽどの馬が出ないと春は態勢決しているかも。

 1着 ▲ ダノンプレミアム   評価アップ 
 最内スタートの馬がいいスタートから番手追走の直線前が開くというのはそりゃあ勝つだろうという内容なんだけど、先行して上がり最速の1:33.3はこのレースではこのメンバーでこの馬に勝つのはまず無理。過去の馬でもこの馬と近い内容を出したのは2006年の9番からインベタ付きの直線前が開いて1:33.1のアストンマーチャンくらいのもので、阪神コース2歳では牡牝含めてそのマーチャンを捕まえたウオッカくらいしかプレミアムを捕まえられそうな馬が浮かばないくらいの完成度。

 2018春に負けるならもうこの子自身の問題で、それこそ過去の三冠馬級かグラスワンダーレベルでないと差すのは厳しい。この子の問題があるとすれば、お前はいったい誰の仔なんだという軽やかさのないその大きな飛びの走り方で、最近ではサトノアラジンに近くこういう馬は稍重程度ではない重馬場に弱い事が多い。
 コーナリングの問題で狭い競馬場や小回り、馬郡割りにも難があり、マークされる立場になって包まれ崩れる事はあるけれど、個人的にはこの馬自身がスタートよく加速も抜群なので皐月目標の弥生に出るなら思い切ってキャプテントゥーレの様に気性と相談しながら逃げ戦法も試してほしいなぁ。距離的にも菊は誰でもやってみないとだけれど、ダービー距離までなら今のところ走らないとは思えないし、よっぽどの馬が現れない限り重馬場以外ではこの子から。重馬場なら一度は違う馬に飛びつきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・ここには高い壁・・・・・・・・・・・・・・

 2着 ◎ステルヴィオ   評価アップ  
 馬郡の追走は問題なく直線でもこのくらいの位置にいてほしい大体の位置取りそのままに末脚を発揮して2着。4コーナー後に、外からコースを潰しに来た池添騎手ムスコローソと、内からかなり強引に押し出してきた幸騎手ケイアイノーテックに挟まれて怯まなかった根性は秀逸で、このつぶされ方して引かない馬も凄いが騎手も凄い。この根性と気性ならマイルでもフラフラしていた父カナロアでも追走難のスプリントよりは中距離~クラシック距離までの所で一度期待したいです。

 3着 〇タワーオブロンドン  評価変わらず
 1番と3番なのでまぁまずマークするだろうという戦前予想からそのままプレミアムの真後ろベタ付き。直線向いて同じタイミングで仕掛けたけれど馬なりで引き離されて即万事休すで、この内容でステルヴィオに差されるというのは距離の問題でしょうか。ただ楽に走れればマイルをこのメンバーでもプレミアム抜いて優勝争い出来る事は証明したくらいの内容でした。

その他気になった馬
 4着 怖 ケイアイノーテック   評価変わらず
 進路獲りを直線で行った為に仕掛け遅れの結果4着。スムースに回れば2着もあったとは思うけどよく直線外に出せたとも思う。それでもステルヴィオに後ろから差された所、父ディープとしては瞬発力が今一歩ほしい。500万下クラスとしてここで賞金追加が出来なかったのは結構痛手な所だと思うので一気に狙って無理のある皐月目指すのか余裕もってダービー目標かで評価は変えたい。

 5着 ダノンスマッシュ    評価アップ 
 足が開いてしまう失敗スタートから出遅れで、ヒシコスマーを押し込んでコーナーまでに最内ゲットし、直線馬郡を比較的スムースに縫って5着。出遅れの結果ロスなく最内の結果5着か、出遅れがなければもっと行けるかは置いといて、2着と0.1秒差ならG1への期待も出来そうだしマイルまでなら父の距離不安もあまり考えなくてよさそうな内容でした。

 6着 ファストアプローチ    評価アップ 
 芙蓉の内容が勝てそうで勝てなかった点で不満だったけれど、今回前に行ってよく踏ん張った6着。プレミアム除いても掲示板と上は多いけれど前走の様なこなせる程度の中距離よりはマイルの方が良さそう。賞金も問題ないし重賞くらいならメンバーによってはあっさりとって春G1を迎えそうです。

 7着 △ カシアス    評価ダウン  
 スタート良く特にかかる事もなく直線をいい位置で迎えて目の前目標のファストアプローチを結果差せず。レース内容や位置取り、手ごたえの素晴らしさから考えると2着戦線から1馬身ちょいの遅れはちょっと残念。ファストアプローチと最後まで脚色が変わらず最後は止まった所これは父キンシャサの距離問題かな。スプリント能力は高いしマイルをこのメンバーで2着と僅差なら、ではあるけれどマイルまでならこなせる程度で今はスプリントのみの範囲に落ち着いてほしい。

 9着 ダブルシャープ   様子見
 6月の地方デビューから月2レースのペースで走り、中央に入ってタワーオブロンドンを倒して月1走り、転厩を経て朝日杯で2歳馬が7レース目の強行軍。精神的にも肉体的にも負荷が凄いだろうに2着と0.5秒差の9着。賞金も980あるしじっくり行けば必ず出番は回ってくるでしょう。今のところ上がり33秒は出せそうにないので重い馬場中心に転厩後として走りが安定し始めたら期待したいです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


予想レース回顧 | 2017/12/11 23:14
◎ 阪神ジュベナイルフィリーズ2017回顧

的中… なし惨敗
 勝ちタイム 1:34.3 良馬場 4F 46.6 - 3F 34.4
ラップタイム  12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.0 - 11.5

 タイム的には遅めだけれど息の入る所が4ハロン目と5ハロン目の2つしかない前目不利な、瞬発力寄りでも持続力寄りでもない実力を試される内容だったと思うので上の馬券内の子らは信じてよさそう。今回の上位3頭を上回る実力馬が桜までに現れるでしょうか。

 1着 △ ラッキーライラック  評価変わらず
 余裕あるローテーションから前走まで見せていたいい所をそのままで、ロックをマークのリリーをさらにマークからオルフェ産駒初G1勝利。どちらかと言えばずる賢さはロックよりこっちの方が父似な印象で、レースを戦った上で鞍上を落とすのはこっちな気がします。展開、位置取り等々全てかみ合って、レースへの集中力は随一。安定して成績を残してきそうだけど下の2頭が見直す所があり、桜最有力でもうかうかしていられない世代だと思います。

 2着 リリーノーブル   評価アップ  
 余裕のないローテーションからこのレースと相性の悪い白菊組で切りましたが、これまでの白菊組とは違って前走のパフォーマンスをさらに上乗せ。レース間隔短くてもこなした体質の強さに、レースが上手くロックを目標に追い出した川田騎手とも手が合いそう。ルーラーシップにクロフネと軽い芝はまだ未知数だけど桜や梅雨時期の雨舞台も楽にこなせそうな血統で来年春も主役の一頭。

 3着 マウレア   評価アップ  
 アユサンの全妹でディープにストームキャットの流行血統だけど馬郡の追走に難が見え、見せる内容ほど安定したレース振りは出来なさそう。ただ姉の様に馬郡を割る根性は一級品な上に今回勝負所で前が詰まって置いて行かれてからの追いなおしでも最後は前2頭との差を詰めてゴールする末脚も兼ね備えて将来のG1馬の一頭だと思う。勝負所での戸崎騎手は一歩遅れる印象があるのでムーアタイプの様な位置取りを優先する騎手が乗って一変する可能性もありそう。姉が桜までの短距離だったのでオークスはどこまで距離が持つかどうか。

その他気になった馬
 4着 怖 トーセンブレス   評価変わらず
 パドックはチャカつき、出遅れて上がり最速。安定感なく買い時は難しそうだけど騎手も相まってヒモで来たらいいなという評価変わらず。偶数枠の方がいいタイプだろうし奇数枠は様子見。
 5着 モルトアレグロ    評価アップ  
 パドックでのチャカつきが一番激しくその時点ではまず消えるだろうなと思った一頭。レースでも力んだ走りをしているにも関わらず勝負所で一旦置いて行かれて最後までジリジリ伸びる5着。芝ダート兼用で短距離からマイルまで良でも重でもの器用貧乏。気性が落ち着けば結構期待できそうな子だと思います。
 6着 ラテュロス   評価変わらず
 スタート良くて先行力ある私好みな子。まだまだ気性がともなっていないので活躍はまだだと思うけど一発やってくれるタイミングは必ず来そう。
 8着 ソシアルクラブ   評価変わらず
 偉大な母の面影はあるもののトーセンブレスとほぼ同じ内容で最後は離され今は力負け。しばらくはあまり大きな期待はかけられなさそう。 
 9着 ◎ ロックディスタウン   様子見
 札幌2歳の時に見たイメージはどこへやら。パドックではカリカリムードの汗ダクダク。差し馬として期待して先行戦法の完全裏目。レッドリヴェールは走ったしなぁとローテーションに目をつぶってみたものの先輩の精神力には遠く及ばず、何もかもがかみ合わない9着。ただ、何もかもかみ合っていない事は置いといて、この体調悪さと落着きのなさはかなりの問題で、この2つが悪い作用でかみ合ったのか気性の問題で伸びを欠いたのか見極める時間は必要そう。まだまだ2歳だし言い訳可能な内容だとは思います。
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


予想レース回顧 | 2017/02/05 12:34
◎ 追記回顧回収率0% 第67回東京新聞杯予想…2017

 ◎ マイネルアウラート 
 G1級と走るといまいちな成績ではあるけれどそこそこのメンバー相手には戦ってきて、内枠逃げ馬人気そこそこ程度でエアスピネル相手に頑張ってほしいです。
 ○ エアスピネル 
 戦い抜いた3歳クラシックでは相手が悪かったもののマイル路線に変更して、さっそく金杯を勝利。モーリスが引退した後のマイル路線なら独壇場になるかもしれないけど、初東京マイルで一度くらい取りこぼしがあっても…
 ▲ ブラックスピネル 
 前走エアスピネルを追い詰めるも、マイルは3度走って前走が初馬券で距離の融通がいまひとつ。G1へは賞金足りない馬だし本気度は高いと思うのでその辺りに期待します。
 後は △ ヤングマンパワー に期待します。 

 買いたいレースが特になく忙しさにもかまけてひと月の休み明けの2017の初予想になった東京新聞杯。混迷している3歳牡馬路線より、エアスピネルがマイル路線に切り換えた東のメイン。賞金的にギリギリな感のあるエアスピネルですが、菊花賞から休み明けで京都1600に続けて東京1600に出るという、明らかマイルG1を意識したローテーションなら取りこぼすなら初東京マイルのここでしょうか。

 金杯でエアスピネルをハナ差まで追い詰めたけれど斤量上がるブラックスピネルとこちらもG1を見ているであろう休み明けのヤングマンパワーより、賞金足りずで内枠逃げ馬マイネル柴田騎手に金星を期待します。

 管理人の買い目
  単勝 ◎ 馬単 ◎→〇▲△ 三連単 ◎→○▲→○▲△
  複勝 △ 馬連 △-◎〇▲ ワイド △-◎〇▲ 以上16点を購入


追記回顧 2017.2.7
 勝ちタイム 1:34.9 上がり4F 45.1 - 3F 32.7
 12.8 - 12.0 - 12.4 - 12.6 - 12.4 - 10.9 - 10.8 - 11.0

 買っちゃいけない残念レースを年度最初の予想で引いてしまうこの持っていなさというか。。。G1を目指す東京マイルの重賞で前半37.2の上がり32.7で勝ちタイムがもう1分35秒って、公開調教じゃないんだから。さらにこんなレースになった一番の原因を◎にしているので二重に恥ずかしい。何で瞬発力劣る馬を直線ヨーイドンしてるんでしょうか。愚痴ばっかり言っても仕方ありませんが、このレースで一頭一頭の批評も出来ません。騎手の差がわかったという程度。モーリスのいないマイル界の新星現るではないと思います。
 
 ただ唯一、プロディガルサンだけは思う以上に脚が切れるなぁという感じで、菊花賞から休み明けの+22キロでこの瞬発力レースをエアスピネルより後ろの中団から差して来てますし、中距離目指す予定だったらしいですが今のマイルになら参戦して来たら面白そう。デニムアンドルビーの様な差し追いタイプなのにスローペース超得意なのかもしれませんが。
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る


予想レース回顧 | 2016/12/29 21:20
◎ 第61回有馬記念回顧…2016〆

的中… 不的中惨敗
 勝ちタイム 2:32.6 良馬場 4F 47.6 - 3F 35.9
ラップタイム  6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

予想時に望んだ以上の有馬記念で レース内容もレベルも高い素晴らしいレースだったんじゃないでしょうか♪個人的には久々に競馬を見ていて感動しました♪キタサンブラックは強かった。ゴールドアクターも予想で書いた通り以上のレースをしてくれた。穴のヤマカツエースも来てくれた。馬券は外れましたが個人的には大満足♪予想する上で1~3番人気で決まるとやっぱり厳しいですねぇ(笑)ファウンドやトレヴなどはこんなレベルのレースから直線さらに伸びる脚があったので厳しい戦いになるとしても、この有馬に続く凱旋門が見えた一戦でした♪

 1着 サトノダイヤモンド 無印 
 予想が唯一全く出来なかったサトノダイヤモンド。私がルメール騎手の「キタサンブラックが一番強いのでマークする」という記者会見の言葉を予想時には聞いていなかったというのはあるんですが、ダイヤモンド軸で買った方も、直線後ろから飛んでくるダイヤモンドを予想した人がほとんどで、早め押し上げで先頭集団でという立ち回りの今回のダイヤモンドの勝ち方を予想した人は少ないのでは。

 「キタサンブラックが一番強い」が根底にないとこの勝ち方はなかった訳ですが、キタサンの倒し方は今年大阪杯で実践されていて1馬身2馬身圏内でマークして最後は並ぶ間もなく交わすというアンビシャスの勝ち方がそれ。ただ、一度もキタサンと対戦した事のないダイヤモンドを残り1200辺りから前へ行きキタサンを射程圏内に入れるという乗り方は、これは本当に凄いとしか言いようがありません。
 ダイヤモンドの力を推し測り、それを心の底から信頼し、ゴールまで大丈夫だと物凄い自信がなければ絶対に出来ない芸当で、私にはダイヤモンドにこれが出来るとは思っていなかったから、◎○の2頭にダイヤモンドまで買ったらオッズが付かないと切った訳だけど、ロングスパートをかけた上で直線前の2頭を捕まえる瞬発力まで披露されて正にぐぅの音も出ません。向こう正面では内の馬と、外からノブレスが被せて来た状況でも落ち着いていた精神力踏まえ、凱旋門賞にはキタサンブラックが行くべきと思っていましたが是非とも2017年は一緒に凱旋門賞へ行っていただきたい。タイプの違うこの2頭。どちらかが勝って帰ってくる可能性は低くはないと思います。

 2着 キタサンブラック ○ 
 予想の時に書いたまま。キタサンブラックの力が見れました♪今回は完全なマーク体制でサトノノブレスにも早めにちょっかいをかけられて残り1000からのラップが急激に上がっていますが、これだけ包囲網をしかれてなおタイム差なしのクビ差2着。過去の名馬と実力で並べる段階にいると思います。是非凱旋門賞に挑戦してほしいです

 3着 ゴールドアクター ◎ 
 もう少し前にいてほしいと思って見ていましたが、第4コーナー「これで負けたら仕方ない」と心の底から「いけー!」と応援出来ました♪結果的に半馬身差を詰める事は出来ませんでしたが、昨年1着の時より明らかに強くなりました。今回は相手が悪かったです。希望したより馬体重が重かったですが、関東の方がパフォーマンスがいいと思いますが同じ様に2017も侮れません

その他気になった馬
 4着 ヤマカツエース ▲ 
 皆が動いた状況でも焦らず騒がず、直線まで我慢の死んだふり。有馬でよくある穴馬という感じで勝ちに行った皆がバテた所を強襲作戦。毎年の穴馬は結構このあと人気が上がってから馬券に絡まなくなる事も多いので期待しすぎる訳にはいきませんが、マイルから2000の重賞では主役です

 5着 ミッキークイーン 無印 
 印をほとんど付けた事がないので軽視していると思われるかもしれないけれど、この子はいつも「強いな」と「条件が合わないな」とが入り混じり毎度もったいないと。。。今回でも勝負所になった1200辺りで前に上げた一頭で、ルメール騎手同様、浜中騎手は本当に彼女を信頼しているんだなという乗り方で勝ちに行く騎手は大好きですが、今回の上位2頭が強すぎました。春に得意な舞台の中距離レースがありませんが是非ともローテーション良くエリザベス女王杯からジャパンカップを狙ってほしいです

 6着 シュヴァルグラン 怖 
 位置取りは大外で外枠の福永騎手と思ったけれど、牡馬でG1での福永騎手はやはり勝負勘に欠けると言うか、多分キタサンブラックに勝つという意識がなかったんだとは思うけれど、ペースの落ちた向こう正面で動くのではなくペースの上がったコーナーから大外をマクりのブン回し。中山でこれでは勝ちようがないけれど早めに行ったミッキークイーンと僅差で馬は力がある様で、春天外枠なら期待でしょうか。

 8着 サウンズオブアース △ 
 レースが動いた向こう正面で馬群内で、これはヤバいと開いたスペースへスペースへと前を目指して行きましたが結局4コーナーでシュヴァルグランの後ろとどうしようもありませんでした。これで人気が落ちるのであればローテーションや斤量が無理ないものなら能力的に厳しいと思うまで追いかけたい子です。

2016年、多くを予想する事も回顧する事も出来ませんでしたが、それでも一年終わりです。
こんなブログを見に来て頂いてありがとうございました♪
2016最後の予想 
 年度代表馬 サトノダイヤモンド
 最優秀2歳牡馬 サトノアレス
 最優秀2歳牝馬 ソウルスターリング
 最優秀3歳牡馬 サトノダイヤモンド
 最優秀3歳牝馬 シンハライト
 最優秀4歳以上牡馬 モーリス
 最優秀4歳以上牝馬 マリアライト
 最優秀短距離馬 モーリス
 最優秀ダートホース サウンドトゥルー
 最優秀障害馬 オジュウチョウサン
 特別賞 キタサンブラック
今年は年度代表、3歳牝馬、4歳牡馬牝馬、短距離、ダートが難しいですねぇ♪さて誰になるんでしょうか♪
モーリスがG1を3つで厳しいかもしれませんが、個人的な年度代表馬の一票はキタサンブラックです。

それでは良いお年を ノシ
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(1)                                         ▲上に戻る


予想レース回顧 | 2016/11/06 17:05
◎ 2016秋華賞、菊花賞、天皇賞秋回顧

G1の中休みに全く予想の振るわずの3G1を遅ればせながらの回顧。ブログ的には記事を3つに分けて記事数を増やした方がいいのかもしれませんが、回顧が3つも続いたら見にくくなるので一気に。

秋華賞回顧
的中… 複勝7 的中 回収率12.2%
 勝ちタイム 1:58.6 良馬場 4F 46.1 - 3F 34.4
ラップタイム 12.4 - 10.5 - 12.9 - 12.2 - 11.9 - 12.6 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.7

 1着 ヴィブロス 怖 
 好スタートから馬なりで前目に行けて、それでいて先行集団に巻き込まれない位置に収まり、向正面では先行集団から少し離れた単騎で落ち着いた追走を見せ、第4コーナーも包まれる事なく外へ出して差し切り勝ち。福永騎手の良い所が全て出たと言ってもいいんじゃないかと思う内容で、クラシックには間に合いませんでしたが牝馬三冠最後を内容良く制しました。
 春の成績を考えるとすごい成長を見せ、古馬とは未対決で2016年内休養だそうですが、馬なりでの先行力に加え今回末脚は上がり33.4と、小さな子ですが古馬になっても期待十分な勝利でした。

 2着 パールコード 無印 
 一頭飛び出す様な好スタートから先行集団やや後ろ目を進み、ほとんどヴィブロスと同じ様な内容で直線カイザーバルを捕まえに行きましたが決め手の差でヴィブロスに差し切られての2着。器用さが低く見えるので内枠から包まれての京都内回りは合わないと思って切ってしまいましたが、直線で楽に外に出せて力は出し切れた感じ。この後はエリザベス女王杯で外周りで古馬に挑戦ですが、雨以外の信頼いまいちなマリアライトに休み明けのミッキークイーン相手なら上位入選出来ても不思議ではないと思います。

 3着 カイザーバル △ 
 かなりゆったり目のスタートで折り合い重視の乗り方でしたが、スタート後から全く落ち着かず前へ前へ向正面ではアナウンサーに進出を開始と言われるかかりっぷり。全体のペースが上がった頃に馬なりという感じになりましたが、ずっと外々を回った上に結局息は入っていないんじゃないかという残念な内容。それでも4コーナーを不器用に回りながら大外回って逃げ馬集団をさし切り、前述の2頭に差し切られて3着。
 内容と結果を考えるとこのレースで一番強いのではと思えますが、あまりにもかかりすぎですねぇ。ローズステークスに続いて3着で賞金加算出来ずですが、この強さならヴィクトリアやエリザベスに出走してきてほしいのでその頃までにやっぱり気性面の成長がほしいですね。

その他気になった馬
 4着 ジュエラー 無印 
 ローズステークスの内容から戻ってきたとしてももっと先と思って切りましたが、しっかり直線力を見せて馬券にはなりませんでしたが切るべきではなかった見せ場十分の4着。内回りでよく4着まで来たという舞台の向かなさだったと思いますが、来年も期待したい一頭です。


菊花賞回顧
的中… なし 回収率0%
 勝ちタイム 3:03.3 良馬場 4F 46.7 - 3F 34.7
ラップタイム  13.0 - 11.3 - 11.0 - 12.4 - 12.2 - 12.7 - 13.6 - 13.2 - 12.3 - 12.7 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.6

 1着 サトノダイヤモンド 〇 
 パドックで見た時点で本命を間違えたと思ってしまったくらい貫禄ある馬体で、レースでも好スタートから一周目のスタンド前まで内を進んで向正面では不利を受けない前の開けた位置取りに向けて外へ外へ。第4コーナーから馬なりで上がっていき最後は楽勝。全く距離不安を感じさせない勝ちっぷりに、消えるならここと予想した私は脱帽でした。ディープインパクト産駒牡馬にG1複数勝利がありませんが、この子はまだ2つ3つは勝つだろうなと思わせる内容でしたが、ルメール騎手の乗り方から内容抜群な上に馬体最高潮ならこれ以上ないという事でもあるので、ここからもっと伸びていってほしい子です。

 2着 レインボーライン 無印 
 強いとは思っていてもNHKマイルとダービーの内容とステイゴールドにフレンチデピュティと中距離までだろうという血統から一番距離不安と思っていた馬が2着にいるとショックですが、強いと思っているだけでは足りないくらい力があるようで、ディーマジェスティより後ろからディマジェスティと同じ外々通って大外一気。札幌記念からのぶっつけで、今回以上を求められるのはダイヤモンドよりこっちという感じでこれからも期待したいですがこれから人気高そうですね。

 3着 エアスピネル 無印 
 トライアルでの差し競馬と距離不安からレインボーラインと共に切ってしまいましたが、折り合い重要な菊花賞でかかりまくりで、前目にいたのは見ていましたが、これは消えるなという道中の内容でしたが、第4コーナーをこれぞ京都の武豊というコーナリングで3着粘り込み。本当に生まれた年が悪いという感じですが、気性の問題が解決出来ればいつかは順番が回ってくるはず。

その他気になった馬
 4着 ディーマジェスティ ◎ 
 パドックの時点からきょろきょろと落ち着きなく本命にした身としてはダイヤモンドの輝きに眩みましたが、レースはダイヤモンドに突っかかりまくりの完全マーク。ただ、ダイヤモンドとはタイプが全く違うのでもっとディーマジェスティのレースをしてほしかったです。中盤が緩んでいるので向正面くらいで早めに動いて第4コーナーをほぼ先頭で馬なりくらいのイメージでしたが、今回のダイヤモンドの勝ち方はどうやっても勝てそうになかったです。4コーナーの手応え的にこれはディーマジェ消えるかなと思って直線見ていましたが、最後まで脚は止まらず2着と差のない4着。この子も後に順番が回ってきそうな内容は見せました。


天皇賞・秋回顧 
的中… なし 回収率0%
 勝ちタイム 1:59.3 良馬場 4F 46.2 - 3F 34.2
ラップタイム  13.3 - 12.0 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7

 1着 モーリス △ 
 外国人騎手だから買うという訳ではないんですが、日本にいる二人を含めてムーア騎手やスミヨン騎手などなどどうやってここまで素晴らしい位置取りにスポッとはまった上で巧く馬をなだめて乗るんだろうと素人目には理解しがたいモーリス1着。今回なんてモーリスの主戦場のマイルとは全く合わない入り13.3から2ハロン目12.0に逃げ馬が1000mを60.8で通過するスローペースで、直線長い東京競馬場を早め先頭から、馬のいない外へもって行って最後まで先頭をキープするんだから、見た目はそれほどでもないですが騎手の力で勝たせた今年行われたレース全ての中で一番の内容だと思います。年内引退で次走香港の様ですが力はあるしマイルだろうとカップだろうと乗り手によって期待したいです。

 2着 リアルスティール 無印 
 休み明けでここは厳しいと思って切りましたが、折り合うとここまで伸びるのかという末脚で上がり33.5。よっぽどルージュバックを意識していたのかあからさまにルージュをつぶしてからモーリスを捕まえに。スローペースが得意なのかわかりませんが、福永騎手が乗っていた時は器用さが武器だったのに、ムーア騎手とデムーロ騎手が乗った時は別馬の様に馬のタイプが変わります。

 3着 ステファノス 〇 
 直線向いて最後方辺り。直線長い東京競馬場ならではではありますがよく3着まで伸びてきました。それでも前にいたモーリス、リアルスティールとの差を縮められず。今回はかなり後ろすぎで、もう少し前に行ければと思いますが今のままでも1着を期待したいですが、そうなるとリアルスティールに完敗したところが何か成長がないと◎にはしにくいです。

その他気になった馬
 7着 ルージュバック ◎ 
 デムーロにつぶされてしまいましたが、それにしてもいいようにやられすぎでマークされてそれを振り切る強さはないようです。まともに走れていたとしても今回モーリスに勝てそうもなく完全な力負け。今回は乗り方も悪かったですしまた出直しという感じでした。

 9着 ラブリーデイ 怖 
 ちょっと前に行き過ぎという位置取りではありましたが、直線まで馬なりで迎えこれは勝てるのではという内容からルメールが追い出しても全く伸びず9着。京都大賞典まではなんだかんだ見直せるような次に期待出来る内容でしたが、今回は外枠の前に行き過ぎながらも本格的にピークが過ぎた事を含めて今後様子を見たくなる残念な内容でした。
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
 ←↑どれかをクリックするとこのブログを応援する事になります。
応援よろしくお願いします♪リンク先はブログ情報サイトです。
 トラックバック:0 | コメント(0)                                         ▲上に戻る




競馬に関する当ブログ内記事目次

競馬新聞の見方 競馬場へ行こう♪
北海道へ行こう♪
youtube動画集
 Ⅰ.後の名馬の新馬戦…
 Ⅱ.名馬名レース集…
 Ⅲ.JRA 過去CM…
珍名馬色々
myインスタグラム♪予想はここで


2017馬券成績

2017戦績
my馬券の買い方と馬券信条 [15'/8/9]


カテゴリ


リンク

The 岡田修平
プロカメラマン岡田修平さんのブログ
いつか私もこんな写真が撮りたい♪

悪い見本
お弟子さんと紡ぐ語り合う競馬
率直と毒舌が響きわたります♪

馬事総論
メジャーからマイナー事まで
まとめ方が上手く見やすい競馬情報板♪

競馬SevenDays
膨大なデータ量が果てしない
学べる事の多いブログです♪

ラップギア☆ブログ
上がり3ハロンラップに重きを置いて
レースの特徴から真実を導く♪

ひとときの駿感
食べ歩きときどき競馬予想
洞察鋭い文章がなるほどと思わせます♪

当ブログは
相互リンク募集はしておりません。

リンクについて


検索フォーム


カウンター




馬券過去成績

2016戦績

2015戦績


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。